電力及びその他のホットな話題

北京市:海外からの入国者及び国内の濃厚接触者の隔離期間を短縮 -NEW-

   新型コロナウイルス・オミクロン変異株の潜伏期間が短く、臨床症状も比較的軽いという特性に鑑み、北京市政府報道弁公室は5月4日からの隔離期間短縮を発表しました。これまで、最終目的地が北京である外国人は、入国都市にて21日間の集中隔離を受けることとされていましたが、この要求がついに緩和されることになります。

1.入国者に対する隔離期間の短縮
(1)北京から入国する場合
   従前の「集中隔離21日」を「集中隔離10日+自宅隔離7日」に調整
①10日間の集中隔離期間満了後、目的地が北京である場合は7日間の自宅隔離とし、北京市に固定の居住場所がないか、自宅隔離の条件を満たさない場合は集中隔離を4日間延長する。
②10日間の集中隔離期間満了後、北京が目的地でない場合は、さらに4日間集中隔離した後、北京から別の地方に移動できるようになる。
(2)その他の都市から入国して北京に移動する場合
   現地で14日間の集中隔離期間を満了した者は国内の地方間移動の政策を適用して北京に入ることができ、14日が経過していない者は原則として北京に入ることができない。14日が経過しないうちに北京に入ってしまった場合は自宅で14日間隔離を補完し、自宅隔離の条件を具備しない場合は集中隔離とする。

2.国内濃厚接触者に対する隔離期間の短縮
(1)濃厚接触者に対しては「集中隔離10日+自宅隔離7日」を実施する。
(2)二次濃厚接触者は「自宅隔離7日」とし、自宅隔離条件を具備しない場合は「集中隔離7日」とする。
(3)高リスク対象者は「自宅隔離10日+健康モニタリング7日」とし、期間中はPCR検査と自主抗原検査を行う。

◆日系企業へのアドバイス
   北京市は入国者及び国内の濃厚接触者の隔離期間短縮を発表されましたが、社区によっては異なる防疫措置を取っている場合もあるため、まずは社区にご確認いただくようお勧めいたします。

作成日:2022年05月06日