事務所紹介

本部

北京市大地法律事務所は1989年に設立されました。中国司法部及び北京市司法局より最も早い時期に許可を得て設立された、パートナーシップ制の法律事務所の一つです。
大地法律事務所本部は北京の金融街である投資広場に、日本部は華貿中心に、青島事務所は青島の中央ビジネス街の招銀大廈に設立いたしました。良好なビジネス環境と、優れた地理的位置、近代的な事務施設によって、顧客の皆様に優良なリーガルサービスを提供するための基盤を備えております。 

大地法律事務所は、経験豊富で高度の専門性を有する弁護士陣を擁しており、それぞれ北京大学、中国人民大学、中国政法大学、華東政法大学、イギリスノッティンハム大学など、中国内外の有名大学において系統的な法学教育とトレーニングを受けております。弁護士の多くは、裁判所、検察庁、公安機関、政府機関、教育科学研究部門、中国の大手海運会社や航空会社における職歴があり、豊富な実務経験を積んでおります。大地法律事務所の主なパートナーは多様なキャリアを有しており、中国で反響が大きい案件を数多く手がけてまいりました。また、弊所は中国で最初に証券関連法律業務に従事することを許可された法律事務所の一つです。同時に、弊所の弁護士は大型プロジェクトの入札にも参加し、工商代理登記、外国経済貿易系統の企業内部職員の持株、企業資産財産権の境界線策定や保険代理業務など、専門的な法律業務の訓練養成も行ってまいりました。弊所は設立から現在までの間に、数百社の中国内外の顧客にリーガルサービスを提供してまいりました。その中の大多数が中国内外での有名企業であり、ご依頼を受けた法律業務は数千件にのぼり、関わった財産総額は百億元を超えています。

大地法律事務所は、中国国外の法律事務所との交流と提携、若い弁護士の養成と発展を重視しています。弊所はヨーロッパ、アメリカ、オーストラリア、シンガポール、香港及び台湾の法律事務所などと良好な業務提携を推し進めており、1997年から、若い弁護士を幾度もイギリスのリンクレーターズ法律事務所、オーストラリアのマッケンジー法律事務所など国際的に有名な法律事務所に派遣して、交流、養成、業務を行っています。こうした活動を通じて、彼らが弊所の対外業務の中心的な人材へと育ち、英語、北京語、広東語などを使い、海外の顧客にリーガルサービスを提供しております。また、弊所は主に日系企業へのリーガルサービスを行う独立した海外部を設立しており、熟練した日本語によるリーガルサービスを提供しております。業務内容については、民事、金融、不動産、知的財産権、国際企業設立、証券、破産、環境エネルギー、IT技術や法律リスクコントロールなど多岐にわたっております。 

現在、大地法律事務所は、訴訟・仲裁、保険、不動産、知的財産権、金融、外国投資、ビジネス、海商・海事及び労働雇用等、数多くのリーガルサービスを強みとする総合的な法律事務所へと発展してまいりました。また、弁護士の専門知識に応じて、5つの部門(金融保険部門、会社及び投資部門、不動産部門、知的財産権部門、訴訟部門)に分かれています。今後もより一層、業務の範囲を拡大すると共に、新たな拠点の設立を展開し、より効率的かつ専門的なリーガルサービスをお客様に提供してまいります。

日本部

日本部は2003年に設立され、事務所は北京市の中心地区、華貿中心に位置しております。

日本部のほとんどの弁護士は、中国内外の有名な法科大学を卒業しており、中国内外の著名な法律事務所や、政府機関、金融、保険、投資、資産評価などの分野での業務経験が豊富で、多くの領域に関わる複雑な法律事務を処理する能力を備えております。特に外商の直接投資、企業M&A、国際貿易、労務人事、訴訟仲裁、知的財産権などの分野でキャリアを積んでおり、依頼者の方々に各方面で効率的なリーガルサービスをご提供いたします。

日本部の弁護士の大多数が熟練した日本語でリーガルサービスを提供いたします。日本の有名大学で法律を学び、修士や博士号を取得した弁護士も多く、日本で長年リーガルサービスに従事し、日中の経済、政治、文化的な背景を充分に理解しています。そして、真摯なプロ精神と、堅実な法律知識、細やかで行き届いたサービス精神により、多くの著名な日系企業の方々の長期にわたる法律顧問となり、日常的な法律業務を行っております。

日本部では、在日中国弁護士連合会、平済法学研究所学術管理委員会、ジェトロなどの海外の団体とも頻繁な業務往来を行っており、長期にわたり良好な関係を築いております。それと同時に、日本部では多くの弁護士が日系大手銀行、裁判所、政府機関、教育研究部門などでの業務経験を積んでおり、日本部と中国に関連する政府部門、司法機関やニュースメディアなどの団体とも良好な関係を有しております。 

青島事務所

青島事務所は2008年7月、元在日中国人弁護士協会理事である弁護士・熊琳により設立されました。海外の法律業務に関わってきた多くの経験を生かし、北京市大地法律事務所日本部は長年にわたって蓄積してきた日系企業の対中投資業務サポートの経験を強みとし、青島の日系企業に対し、非訴訟リーガルサービスを主な業務として、日系企業における経済紛争の調停や内部管理の改善等、日系企業の皆様に効率的なリーガルサービスを各方面においてご提供いたします。

青島事務所には、日本や中国の有名な法科大学を卒業し、法学学士、修士、博士学位を取得した優秀な弁護士が揃い、日々サービスの向上を目指して精進しております。外資系銀行にて国際金融分野での高度専門レベルの業務能力と熟練した日本語で業務に従事した弁護士もおり、日中文化の背景を理解し、日系企業の法律事務に対処するに際して、当所ならではの強みを有しています。 

事務所設立後、数多くの有名な日系企業、多国籍企業の法律顧問を担当し、青島の日系企業の皆様に数多くのリーガルサービスを提供しています。日系企業の困難な経済紛争を解決し、短期間で豊富な非訴訟案件処理の経験を積んだことにより、青島の日系企業の顧客の皆様からご好評をいただいております。弊所では、今後も引き続き、全てのケースが模範的案件となるよう誠心誠意をもって努力し、顧客の皆様に最大の利益をもたらことができるようリーガルサービスを提供してまいります。

東京連絡事務所

大地法律事務所日本部は、北京、青島を拠点とし、中国ビジネスに携わる数多くの日系企業の皆様へリーガルサービスをご提供しています。変化の激しい中国において、投資先現地の法令の最新情報やビジネストラブルの実情、中国の商習慣などを知ることは、ビジネスを成功に導き、不要なトラブルを避ける上で極めて重要といえます。弊所では、これから中国ビジネスの展開をお考えの方、既にビジネスに従事されている方が、様々なご質問やお悩みについてお気軽にご相談いただけるよう、東京連絡事務所を設けております。